2018年09月24日

蘇れ。藤浪。

僕は、ヤクルトファンですが、

少し怒っていることがあります。

それは、藤浪選手です。


あれだけの素材を持て余してしまうんだから、一野球ファンとして憤りを覚えています。つらいのは間違いなく藤浪選手本人なので、
僕自体はどうこういえる問題ではないですが。。。


 どうせ、活躍できる環境がないんだったら、いっそのこと移籍すればいいのにな

と思います。

あれだけのポテンシャルを秘めている選手なので、貰い手はいくつも存在すると思います。

個人的に、いって欲しい球団は、そうですね。


やはり我がヤクルトですかね。

 
 まあこれは、僕の個人的な感情ですが。。。


現実的な話で言うと西部ライオンズなんかがいいのかなと思います。


理由としては、2つあって、

先ず一つ目はなんといっても森選手の存在ですね。


西部の森選手は、元大阪桐蔭で2年から正捕手です。

そのとき藤浪選手とバッテリーを組んでいます。


 長身の藤浪選手と対照的に、それほど大きくない森選手ですが、キャッチャーとしての能力は、はっきり言って、
同じ高校生とは比較にならなかったです。

 怪物といっても問題はなかったです。それだけ高校時代の森選手はすさまじかった。今もやばいですが。。。

そんな森選手を藤浪選手は高校時代本当に信頼して投げていたように思います。

 甲子園を沸かせた相棒ともう一度バッテリーを組むことが出来れば、藤浪選手も生き返ってくれるのではないかと思います。

 もう一つは、西部の強力打線ですね。


 今の西武打線は手が付けれない状態です。

一発アリ。小技アリ。なんでもあり。

 恐ろしい打線だなと思います。

 だから、藤浪選手も、失点をおそれず、しっかり腕を触れるのではないかと思います。




まあ現実的に阪神は藤浪選手を手放さないでしょうね。

あれだけの素材だから、まだ見捨てないのではないかと思います。

野球ファンとしてなんとしても活躍している彼が見たい!!

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。